名古屋、一宮、小牧、稲沢のTKC会計事務所 税理士法人大樹

logo

相続対策

もめない財産分与

「"争族"なんて。うちは仲が良いから大丈夫!」
それは幻想かもしれません

相続をきっかけにして…

「仲の良い長男と長女が母親の相続をきっかけにして、絶縁状態になる」というような事例は少なくありません。
おそらくご両親は、仲の良かった子どもたちの今の状況を全く想像できていなかったのではないでしょうか。

実は兄妹間の火種は、小さい頃からくすぶっていたのです。両親が長男の方を常に優先されることに、長女の方は我慢を積み重ねていました。
もちろんご両親は平等に育ててきたおつもりでしょうが、長女の方の受け取り方は違っていたのです。

父親が先に亡くなり、長男と母優先の相続。そして今度は母親の相続。
兄である長男が優遇されていると思える遺産分割協議案。
このとき長女の方の心の蓋がついに外れます。蓋の上の重しだったご両親がもういらっしゃらないからなのです。

あなたにも起こるかもしれない相続トラブル

さて、この事例は特別な事例だといえるのでしょうか。
相続を専門にお仕事をさせていただいていますと、このようなケースは本当に普通によくあるケースだと言わざるを得ません。

相続税の申告が不要な相続であっても、裁判所で争うことになる件数は非常に多いのです。
相続事件の3割が、遺産額1,000万円以下というデータがあるくらい、遺産の多い少ないが問題ではないのです。

両親亡き後に、子どもたちが「争族」となってもめることを望む親はいないはずです。
相続対策は元気なうちにこそ、やっておく価値があります。

日本相続知財センター名古屋では、豊富な実績をベースに、皆様のご相談に寄り添わせていただきます。
難しい法律用語を振り回すようなことも一切いたしません。分かりやすい言葉でご納得いただけるご提案をさせていただきます。

医学と経済力の発展で、日本は世界に類のない超高齢社会となりました。今や人口の四分の一が65歳以上の社会です。
ご両親の介護につくす息子さんのお嫁さんの存在も、少なくありません。

しかしいくらご両親につくしても、息子のお嫁さんは相続人になることはありません。
老いた両親の世話をする費用をいくら負担しても、相続においてその分を多く要求しても、他の相続人が二つ返事で承認する保証もありません。

このような事例も最近特に目立つケースです。
親の介護をしない相続人が、権利だけはしっかり主張する。 親亡き後の子どもたちだけの世界において、もめごとがないように配慮することも親としての務めなのかもしれません。

このようなケースで生前にどのような対策が相応しいのかを、丁寧にご提案できるのも日本相続知財センター名古屋だからこそだと自負しております。

トラブルが起きる前に、相続診断士の無料相談をご利用下さい

まずは無料の相談から始めましょう。
相続診断士が、どのようなトラブルを想定しておけばよいのかを、その解決策を含めてお伝えいたします。
遺産分割協議をできるだけスムーズに進行させるためのアドバイスなどもお任せください。

日本相続知財センター名古屋は、豊富な経験と実績で、もめない相続をお手伝いいたします。

専門家による高度な提案

相続が複雑化するケースとは?

大きなトラブルなどとは無関係に円満な関係を続けてきた親族が、ある日を境に一転して「争族」になる。
こんな状況はテレビの中のお話に限ったことではありません。

皆さんが元気で過ごされているときの円満な関係は、その中の一人が亡くなることでそのバランスを崩してしまい、エゴとエゴのぶつかり合いが始まることが少なくないのです。

また昔と違って、親族が各地に散って生活をすることが普通になってきましたし、場合によっては海外で生活している親族の方もいらっしゃるでしょう。
離婚と再婚を経験した親族の方がおられるのも、今ではよくある話となりました。
これらのケースでは、相続人を探し出すことにも大変な労力を必要とします。

更にお子さんのいらっしゃらないご夫婦の一方が亡くなられた場合、疎遠な関係にあった甥や姪が当然の権利として、遺産分けを要求してくることさえあります。残された配偶者の方が、老後の生活に充てようと考えていた遺産は、四分の一も減ってしまうことになります。
遺産に現金が少なく、不動産ばかりがあるというようなケースでは、相続人どうしでの分配の仕方でもめることも多いのです。

ご紹介させていただいたように、相続は多くの問題を孕んでいます。

相続人全員を探し出すための戸籍集め、相続人全員による遺産分割のための協議、現金の少ない遺産をどうやって分けるかという分割の方法など、故人の思い出に浸る余裕もなく、忙しい作業が待ち受けているのです。

日本相続知財センター名古屋について

税理士法人大樹グループの「日本相続知財センター名古屋」では、経営理念である「しあわせ」を実現するために努めております。
ご相談頂くみなさまの家族が円満であり続けるための相続相談と確実に実現するためのご支援を行っております。

具体的には、相続の発生から相続人の皆様が普通の日常生活に戻られるときまでをトータルで見据えたご提案を、経験豊富な有資格者が共同しワンストップでさせていただいております。
相続人の確定、遺産調査、遺産分割協議、そして相続税対策をすべてお任せいただけます。

それだけではありません。
不動産の相続の仕方一つで、相続税は大きく変わってきますが、目先の相続税対策ばかりに目を向けても意味がないのです。
場合によっては二次相続(夫が亡くなった後、次の妻の相続)をも考えての相続プランをご提示することが必要だと考えております。
配偶者控除があるから何でも奥様に相続させておけばよいという発想は、実は相続人の皆様に寄り添った解決にはならないことがあるのです。

日本相続知財センター名古屋は、相続人の方に寄り添った相続を、ワンストップでトータルに支援いたします。日本相続知財センター名古屋の相続に関する高度なご提案で、皆様の幸せをお守りいたします。

ご相談の流れ

日本相続知財センター名古屋の高度なご提案に満足していただくには、まずは皆さまのお話をじっくりとお聞きすることが大切だと考えております。
ご相談は無料です。

相談の専門員が皆様とじっくりお話をさせていただいた上で、日本相続知財センター名古屋から高度なご提案をさせていただきます。きっとご満足いただけるはずです。

  • 相続専門サイト
  • 経営革新等支援機関
  • 用語集
  • 動画
  • 名古屋支部
  • 一宮市部
  • JiDA

閉じる